<小川卓の「海外ウェブマーケティングニュース解説」> 第6号の配信

f:id:ryuka01:20200511093427p:plain

5月8日に配信したメールマガジンの内容です。

 

www.mag2.com

 

というわけで中身をちょいだし!

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<小川卓の「海外ウェブマーケティングニュース解説」>

第6号 2020/05/08

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

今回取り上げるのはGoogleが2020年5月に公開した「Web Vitals」という考え方になります。

 

Web Vitals

web.dev

 

ページが使いやすいか、ユーザー体験が優れているか。
それを図るための指標があったら便利だと思いませんか?

 

Googleが今回公開したのがWeb Vitalsという計測を行うための3つの指標です。

 

では3つの指標とは何なのか?どのように計測されているのかを解説します。 また自社ページでの3つの指標の見方もあわせて紹介します。

 

●3つの指標は「LCP」「FID」「CLS」

3文字略語で意味が分かりませんよね…それぞれ以下の通りとなります。

Largest Contentful

Paint First Input Delay

Cumulative Layout Shift

それぞれを解説していきます

 

●Largest Contentful Paint (LCP)

LCPとはページの表示時間に関する指標です。
単位は秒となっており

 

2.5秒未満 良い

2.5秒~4秒 改善の余地あり

4秒以上 悪い

 

という定義になっています。

 

ページの表示時間に関する指標と書きましたが、ページの中身すべてが表示されるまでの時間ではありません。 定義としては「ユーザーに表示される最も大きい要素の表示までにかかった時間」という定義になります。

 

=====

本メルマガは月2回配信しており、海外のウェブマーケティングに関するニュースを取り上げています。上記内容以外にも、ニュースヘッドライン(数行解説)やQAコーナーなども用意されています。

 

月額550円/月(税込み)で、初月は無料です。今月登録いただくと、今月の過去配信メルマガ(上記内容含む)も読むことができます!

 

情報収集のお供によろしければぜひぜひ。