「海外ウェブマーケティングニュース解説」> 第15号の配信

f:id:ryuka01:20200511093427p:plain

メルマガを月2回配信中。

この記事では9月15日に配信されるメールマガジンのちょい出しとなります!

 

www.mag2.com

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com

 

というわけで中身をちょいだし!

 

==================

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
■【PickUPニュース】
「直帰率」という指標がGoogle アナリティクスから無くなる?
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

(前略)

「Googleアナリティクス」というアクセス解析ツールをご存知の方、利用されている方も多いのではないでしょうか。Google アナリティクスは次期バージョンの「App+web版」がベータ版として去年より提供開始されています。

 

新しい機能等の追加はこちらのバージョンで行われ、ここ数年で新しいバージョンに移っていくことが確実視されています。私も自社サイト等へ導入して色々試しているのですが、一つ大きな変化が生まれそうです。

 

それが「直帰率」という指標を画面で出さなくなったという事です。

 

というわけで、今回は以下の記事も参考に背景や代わりとなる「エンゲージメント率」について紹介していきます。

 

ken-williams.com



ここ5年くらいのウェブの動きを考えると、「直帰率」は果たして意味を成す指標なのか?という議論や考え方が出てきました。動画やシングルページアプリケーションなど1ページでもコンテンツを楽しめるサイトが増えてきました。

 

こういった状況の中では、直帰率は「興味なくて離脱してしまった訪問」を図るのには不向きです。動画を20分見て帰っても直帰、ページを開いた瞬間に帰っても同じ直帰です。ですがサイトのコンテンツやサービスに関する理解度合いは違うとは思いませんか。

 

画一的に直帰としてカウントする事を良しとしないというのが「直帰率」をレポートで表示することを辞めた理由かなと。BigQueryなどローデータから計算する事は可能ですが、画面で直帰率を見るとか、カスタムレポートで選択することは2020年9月時点では出来ません。


そこで新たにGoogleが用意したのが「エンゲージメント率」です。エンゲージメントとは「接点を持った」という意味合いを持ち、以下3つの条件のいずれかを満たした場合は、エンゲージメントとしてカウントされます。

 

1)ウェブサイトやアプリを10秒以上利用していた
 前景でという条件があるようで、別タブを見ていた あるいは アプリを表示していなかった場合は計測されないかと

 

2)コンバージョンイベントを発生させる
 App+Web版では特定のアクションを「コンバージョンイベント」として設定できます。例えば、ファイルのダウンロード・スクロール等など。これら設定しておいた条件が達成された場合はエンゲージメントとなります。
 

3)2つ以上の画面(アプリ)あるいはページ(ウェブ)を表示
 これは今までの、「直帰していない」の仕様とほぼ一緒です。なお、これらは「訪問単位」で判断されます。

 

そして以下3つの指標をApp+Web版では見ることができます

 

(以下略)

==================

 

本メルマガは月2回配信しており、海外のウェブマーケティングに関するニュースを取り上げています。上記内容以外にも、ニュースヘッドライン(数行解説)やQAコーナーなども用意されています。

 

月額550円/月(税込み)で、初月は無料です。今月登録いただくと、今月の過去配信メルマガ(上記内容含む)も読むことができます!

 

www.mag2.com 

情報収集のお供によろしければぜひぜひ。

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com