読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「サイト基本分析シート」を作ってみた!

分析手法

アクセス解析を導入して、毎週あるいは毎月のPVとかUUとかコンバージョンレートを出す。ここまではよくある光景です。しかし、その先に進まないというケースがあります。アクセス解析は「数値を元に正しく現状を把握し、課題を発見し、改善案を考えてテストをする事」によりはじめて価値を発揮するツールだと考えています。


しかし、どこから手をつけていいのかわからない。という声を良く聞きます。そこで、そのきっかけになるような情報を得るヒントになればという事で「サイト基本分析シート」という物を作ってみました。どのアクセス解析ツールでも、ほとんどの項目は埋められるかと。


以下のリンクからダウンロードが可能です。

サイト基本分析.docx 直(.docx形式)
サイト基本分析.doc 直(.doc形式)


各項目の簡単な説明は以下の通りです。


1.全体概要

サイトの基本情報として取得しておきたい項目です。6つの項目を取得します。

「訪問回数 or UU数」「1訪問あたりのPV数」「コンバージョン率」「直帰率」「新規率」「平均滞在時間」

基本的には施策を行うことによって、数値が変わってくる項目を選択しています。「訪問回数orUU」と書いているのは、サイトの特性によってどちらを指標として見るか?によります。一人のユーザーがサイト内で何度もアクションをするのであれば訪問回数、複数回訪れた上で1回だけアクションするのであればUUを見た方が良いかなと個人的には思います。

2.集客の内訳

集客の概要をつかむ部分です。有料集客・無料集客(SEO/その他サイト/リファラー無し)の4つにわけています。分け方はサイトによって変更するのもOKかと思います。実体をつかんでおく、また今後この比率が変わることによってどうユーザー特性やコンバージョンレートなどが変わるかを見るためにも有効です。

3.進入ページ

多くの方・書籍で言われている内容ですが、進入数が多いページで直帰率が高いページは、要注目です。進入ページはサイトにとっての「第一印象」です。1ページで終わるコンテンツではない限り*1、1.で出したサイト全体の直帰率より、値が大きいページというのは、何かしら問題を抱えている可能性があります。

この直帰率を下げる、あるいは影響を少なくするために進入数を減らすことよって、サイトに好影響を与えます。それらは、1.の数値に反映されてくるはずです。

4.進入キーワード

進入キーワードはユーザーの期待が言語化されています。その期待に応えられたかを見るために、キーワードに関してはコンバージョンレートを見ます。リスティングなどキーワードでの有料集客を行っている場合、費用対効果を計るためには直帰率よりコンバージョンレートを見る事が大切です。

極端な話が、直帰率が80%でも、残り20%が全てコンバージョンしていれば、サイトにとっては基本的には良いワードです*2。コンバージョンレートが低い有料キーワードに注目して対策を打ちましょう。ブランドワードは進入数も多くコンバージョンレートも平均より高いので、対策を打つべきはブランドワード以外となります。

5.リファラ

改善という観点では利用が難しいのですが、サイトに入ってくる前のページというのは、実質そのサイトのTOPページとなります。何故TOPページかというと、最初に自分のサイトのことを知るページが一つ前のページだからです。検索であれば検索結果の文字列。ブログからのリンクであれば、その前後になる文章。そこで自分のサイトがどのように語られ紹介されているかを把握しておくことは非常に重要です。広告出稿先の参考としても使えるかもしれません。

6.サイト内遷移

データばかり見ていると、実際の遷移を見逃しがちです。サイトを見ながら自分の手でクリックしていく事で、新たに気づく事があります。ユーザーが良くクリックしているリンクが意外な場所にあったり、クリックして欲しいと思っていた箇所がクリックされていない事は良くあります。そのズレや気づきを記録しておくことは大切です。

7.コンバージョン情報

コンバージョンするセッションやユーザーは全体のごく一部です。ですので、コンバージョンした人の導線分析やキーワード分析はサイト改善にはそれ程役立ちません*3。ここではコンバージョンに至る属性や条件を把握しておくことが大切です。初回でコンバージョンしてくれるのか、成果までに辿り着く平均PV数は。それを1.全体概要と比較する事によって気づきあるいはサイト全体とのズレを認識できます。


まとめ

上記項目を行っても、全ての項目が役立つとは限りません。しかし、何かしら一つか二つは、思いがけない課題や認識のズレが見つかるのでは?と信じています。改めてこのシートは課題を解決したり、サイトの売上を増やしたりする物ではありません。サイト改善のためにどこから手をつければ良いか?というヒントを与えてくれるシートです。


今回作ったバージョンは初期版です。自分でもいろいろなサイトで使ってみたりして、改良していきます。現状の量より長くする事はしたくないので、取捨選択していく予定です。ぜひ、皆様からも「こういうのを見た方がいいよ」とか「これはそれ程見る意味がないのでは」とか「使ってみた!」とか意見をいただけたら幸いです。どのツールでも誰でも出来る、汎用的に使いやすい物を目指します。Google Analyticsでの取得方法を、次回追加しても良いかも。。。


サイト基本分析.docx 直(.docx形式)
サイト基本分析.doc 直(.doc形式)

*1:そもそも1ページで終わるコンテンツが進入数が多いページというのもそれはそれで問題ですが

*2:完全な私見です

*3:最低限の行動を把握しておくことは大切ですが