アークランドサカモト 杉山健一郎 × HAPPY ANALYTICS 小川卓 対談(1)フリーランスで講座を受け、上場企業のマーケターになるまで

小川卓と杉山健一郎の対談企画

HAPPY ANALYTICSの小川卓対談企画。第四回のお相手は、提案型ウェブアナリスト育成講座第1期卒業生で、アークランドサカモト(株)杉山健一郎氏。

杉山さんが解析と出会う前のキャリアから、解析と出会ってどのように変化したかを伺いました。全3回、最後に動画も公開します。

アークランドサカモト(株)杉山健一郎
東京都出身、新潟へIターン。クリエイティブデザイナーを経て、2017年提案型ウェブアナリスト1期を修了。現在は新潟県本社のアークランドサカモト(株)でデジタルマーケティング部門の立ち上げを担う。

目次

進行役はエスファクトリーウェブディレクター兼HAPPY ANALYTICS 広報の井水朋子が務めます。

フリーランスから上場企業就職まで

井水朋子杉山さん、今日は新潟から来てくださり、ありがとうございます。提案型ウェブアナリスト育成講座第1期の卒業生で、活躍されていますね。どんなお仕事をしているか改めて教えてください。

杉山健一郎提案型ウェブアナリスト育成講座の時は無職だったんですよ(笑) お金も前借りしました(笑) 講座卒業の打ち上げの日に一社内定が決まりました。4、5人のウェブ制作会社でしたが分析もしているということなのと、代表がウェブ解析士マスターということで、ぜひにと入りました。新潟でも官公庁系の分析ができました。その後、ホームセンターをメインでやっているアークランドサカモト(株)からお声がけをいただきまして、ゼロベースで社内にデジタルマーケティングを進めないかということで、今年の3月から働いています。

小川卓それを聞いてチャンスだと思ったと。

杉山健一郎県内ではメジャーな会社ですし、ホームセンターも大きいので。前の仕事では、案件で受けて分析して改善提案を出すんですけど、官公庁の仕事が多く提案したとしても実行できるかどうかというのは、直接話せるわけでもないし若干不透明なところがあったんですね。

小川卓もどかしいね。それでいわゆる事業会社へと。

杉山健一郎インハウスでもともとクリエイティブ系の仕事も長かったので、自分で作りながら効果検証できるなくらいの気持ちで。

レーサーが、解析に出会うまでのストーリー

 

井水朋子社会人になった時はどんな感じのお仕事を?

杉山健一郎20代の半ばまで車のレーサーを目指していました。

井水朋子え!?レーシングカーですか!?

杉山健一郎高校卒業の時に本気でそれ書いて、先生から「お前は何をやりたいんだ」と言われましたね。(笑) 当時なぜか行動力だけはあって、世界で通用するには英語が必要だということで、高校卒業後、2週間でアメリカに行きました。

一同:(笑)

杉山健一郎帰ってきてからまた色々やって、小川さんもいたイギリスへ。シルバーストーンでイギリスライセンスをとって、そこで現実を見て。親との約束で25歳までには好きにしていいよという話だったので、そこからデザイン会社に入りました。

小川卓その後、解析に出会ったのはどのタイミングですか?

杉山健一郎新潟に移住した、33歳の時ですね。子どもができたのと、妻が新潟出身で、子育てするなら新潟の方がいいよねというので新潟に移住しました。ネットで物は買えるし、家から30分で海と山と温泉に行けるんです、その代わりに家の周り2kmは何もないですけどね(笑)

小川卓それはいいですね。

杉山健一郎建築設計事務所に入り、インハウスのウェブ担当になったんですよ。そこで色々させてもらったんですけど、なんとなくページを更新したり作ったりで、これでいいのかがわからない。そこで色々調べて、ウェブ解析士の初級をとったのが2015年ですね。

小川卓5年くらい前ですね。

杉山健一郎その資格を活かしたいということで、毎週月曜日のミーティング時に、わからないなりに、初級ウェブ解析士のレポートを若干変えてみて、解析するようになりました。その頃から、こういうことしますよという提案をしやすくなりましたね。記事を書くんだったら、こういう興味ある人がいるからこういう記事を書きましょうとか、Googleアナリティクスの定性的なデータ(アフィニティカテゴリ・年齢・性別など)を1年分集めて、こういう人が来ているんだって自分で区分けしながら。ちなみに、オープンハウスがあると駐車場担当だったので、車の数を数えていました。SUV何台、トヨタ何台とか。意外とあっているんですよ。

小川卓お~

杉山健一郎そこからペルソナを作りました。デザイン系の住宅だったんで、こだわりが強いとか、若干高級所得層で、県内のそういう人たちがどこで情報に触れているのか、じゃぁ紙媒体でもいいんでここを出しましょうと。

小川卓オンラインでの知見をしっかりオフラインに活かしていますね。

杉山健一郎最終的には、年間の1/3は最初のタッチポイントがウェブということで成約いただくようになり、MAXで、Facebookで週5,000円とかで広告を出して、見学会の予約が60件くるように。

小川卓すごいじゃないですか。貢献が可視化されていますね。

杉山健一郎解析士をとったのが2015年だったので、それを2.3年前まで続けていましたね。

井水朋子大分行動派な一面がお仕事に出ていますね。そこからどうやって仕事がない状態に?

杉山健一郎建築士のところで続けていくうちに、結局オフラインのマーケティングの知識も必要だと思ったんです。解析は分析ですけど、人を呼ぶにはマーケティングの知識が必要だなと。 じゃぁどうしたらいい?という時、そこでイギリスに行った時のように、マーケティングの会社に行ってしまえばいいじゃんと思ったんですよ。そこで、県内にマーケティングと名のつく会社に転職しました。 もっと解析とか分析を活かしたいと、その会社はオフラインでもマーケティンをやっているように見えたので、その知識をオンすれば分析や解析の知識とマーケティングの知識を合わせられれば、もっと効果が出るんじゃないと思ったわけですよ。そこで、色々と。。

小川卓あんまりマーケティングしていなかったと。

杉山健一郎そうですね、ググって1ページ目をお客さんに言っているようなところだったので、たぶんこれは使えないだろうということで、3か月で辞めました。 幸い、知り合いが独立したところだったのと、私は営業できないので、その人から仕事をもらいつつ、小川さんのところに行くから金を出してと。

井水朋子お子さんがいらっしゃる中で、結構自由に動かれましたね。

小川卓そうだね、奥さんはどんな感じなの?

杉山健一郎若干あきれつつ、止めても無駄だと思っていたのかも(笑) フリーランスの時は家のことは私が主夫という形で家のことを全部していまして、今も夕ご飯は全部私が作っています。

小川卓おぉ。

井水朋子今みたいに上場企業のマーケティング立ち上げをするなんて思っていなかったでしょうね。

杉山健一郎新潟県の中越地方では一番上の会社なので、一安心してくれたかなと思っていますよね。やめなければですけどね(笑)

デジタルマーケ部門立ち上げ!リアルな現状

小川卓数年はかかりそうなお仕事ですもんね。

杉山健一郎ウェブマーケ以前に、IT化が進んでいない感じなんですよね。WebやITに関する理解がなかなか難しい状況です。WebやITを知らない中でどうやって判断するかというと数字になってしまうんですね。売上が上がったぞとか。

小川卓そこで直帰率と言われても困るぞと。

杉山健一郎カタカナを使うとわからないですね。なんせお店のPOSデータや基幹システムをやっている方たちと、私の差がわからないと。パソコン使える今どきの人というくくりなんですよ。

小川卓なるほどね。

杉山健一郎まずはどういう風に数字を見せて可視化していくか。マーケティング以前の段階を整えるのに1年くらいかかるかな。あとは、今までウェブ周りに知識がなかったということで、外に任せていた部分が多い。そうなるとサイト自体の導線が無茶苦茶だったりコンテンツが載っていなかったりというので、マーケティング前にウェブを整えないといけないですね。あとはなんとなく運用できてしまっていて、とりあえずウェブサイトに情報を載せておけば、なんとなく売り上げも上がるだろうと。上がらなくても検証できなくてまぁいっかという土壌でやってきてしまった蓄積がある感じです。SNSやGoogleマイビジネス、LINEなどを合わせると、全部で99アカウントあるんですよ。

 

一同:(笑)

 

小川卓そこは外部の人が?

杉山健一郎事業部によっては外にまかせているんですけど、代理店も経験が浅くて、お互い詳しくない同士でとりあえず投稿しているんですよね。

小川卓前回、滝口さんの時、山形もそんな感じだっておっしゃっていましたね。なんとなく作ってなんとなくやっていて、お金だけいっぱいとられていたとか。

杉山健一郎山形に遊びに行こうかな(笑) そういうのにはお金を払ってしまうんですよね。

小川卓わからないから。

杉山健一郎はい。それでいて、肝心なところに経費が出ていなかったりして、すごくバランスが悪いのを整理していくのが課題です。例えば、なぜかGoogleサーチコンソールのエクスポートしたデータで月8万円とられていたりとか。

 

一同:ー絶句ー

 

小川卓うち5万円でやりましょうか(笑) 相場観がないんだね(笑)

杉山健一郎Twitterの広告配信の結果をCSVでダウンロードして、それをはりつけて、はい、レポートって出したり。前回と同じで、地方でその知識がないからそうなってしまうという。

井水朋子それを建築事務所にいたころの杉山さんが見たら、どう思っていました?

杉山健一郎あの時は自分も手探り状態だったので、とりあえずコンテンツマーケティングという形で走ってしまっていたので、今の会社ほど搾取はされていなかったけど、今ほど効果が出るような、先を見据えての分析はできていなかったですね。 今あるものを分析して、なんとなく改善していくっていう。

井水朋子そのあたりが、ウェブ解析士だったり、提案型ウェブアナリストだったりで勉強して経験したところの差ですよね。

 

 

次回、『(2)提案型ウェブアナリスト育成講座について』では、講座を受けたきっかけや講座を受けてみた感想、卒業後にどのような活動につながっているかなどを伺いました。