読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【秘書レポート】2016年5月11日(水)Web&デジタル マーケティング EXPO 【春】

2016年5月11日(水)にWeb&デジタル マーケティング EXPO 【春】

にて小川が講演いたしましたので、内容を簡単にご報告させていただきます。

 

f:id:ryuka01:20160515174301j:plain

 

■イベント概要

このイベントは“日本最大のIT展”(※1)で、2日間で延べ8万人が来場し、総額約350億円(※2)もの商談を行う場です。日本各地や海外からの来場者も多く、まさに見本市といった印象のイベントでした。

 

そこで小川は、1日目の9時30分~10時30分という早い時間でのセミナーを担当いたしました。当日は朝から嵐のような強風で、「朝9時30分・場所はビックサイト・強風」という条件の中、本当に皆様いらっしゃるのかな?・・・と秘書は不安でした。しかし予想を裏切り、講義が始まる頃には満席、さらに会議室の後部に30脚ほどの追加席を準備することとなりました。(机をご用意できなかった皆様にはお詫び申し上げます。)

 

※1:プレスリリースより 

※2:2015年アンケートより

 

 

セミナーレポート

 

講演タイトル『アクセス解析をビジネス改善につなげるための5つの手法 ~使われないデータとレポートからの脱却~』

※このブログでは秘書が皆様と一緒に講義を受けた際の所感をお書きしていきます。実際の講義は5パートに分けて体系立った解説がなされております。

 

★「KPIは売上の構成要素を因数分解したもの」…ではない!

 

「KPIは売上の構成要素を因数分解したもの」ではなく、さらにそこから『計測可能で、具体的に施策が打てるもの、現実的に指標に影響を与えられそうなもの』という形で厳選して決めるもの。それを小川は「SMART(スマート)」という言葉の頭文字を使って5つのチェックポイントを詳細に説明いたしました。

 

…私も過去を振り返り、「あれはKPIじゃなかった!!」とか「イケてないKPIだったのかも」といろいろ思い当たる節がありました。ぜひ解析担当者だけではなく部署の上司にも聞いてほしいと思える内容でした。KPIは一度決めてしまうと変えづらいものだからこそ、設定は正しく行いたいものです。

 

 

★分析のポイントは、トレンドとセグメントの活用

 分析の基本的なポイントは以下2点。

 1.トレンドを活用する(傾向を見る、傾向から外れたものを見る)

 2.セグメントを活用する(データを分割してみてみる)

会場では実際に小川がGoogle Analyticsのグラフを皆様にお見せしての具体的な説明がありました。短いセミナーの中でも、講師と皆様が同じグラフを見て、どのように発想するかの違いを知ることができ、実用的な内容になったのではないかと思います。

 

 

★改善案がない?→ネタ帳を作れ!

 「分析して、課題は見えたけど、改善案が出ない。」…う~ん、思い当たります。

小川のアドバイスで面白かったのが「ネタ帳を作っている」という話でした。日々良いと思ったサイトのスクリーンショットを撮影しておくのだそうです。会場では小川のネタ帳も一部公開されました。

 

他にも実際に小川が改善したサイトでの改善事例の説明がありました。ある改善策によってメルマガからの売り上げが「半年間で55万から453万円になった!」という例もあり、必聴の内容でした。

 

 

講演後には、質問の挙手も自発的に挙がりました。皆様サイト運営に対して具体的な課題を持っていらっしゃり、積極的にセミナーに参加しておられる様子が垣間見えました。

 

f:id:ryuka01:20160515174904j:plain

 

以上、簡単ですが、セミナーの様子をご報告させていただきました。

 

今回参加できなった方や、より小川のセミナーを聞いてみたいという方は、直近で参加可能なイベントを予告していく予定ですので、ぜひブログを引き続きチェックしていただき、エントリーしてみてください。

 

セミナーの内容は、小川がCAOを務めております UNCOVER TRUTH社の公式ブログにも掲載されております。ぜひ参考にしてみてください。

 

userdive.com