吉和の森 森和吉 × HAPPY ANALYTICS 小川卓 対談 (2)提案型ウェブアナリスト育成講座について

<お知らせ>
この記事は移転しました。約5秒後に新記事へ移動します。
株式会社HAPPY ANALYTICS 公式サイトよりお読みください。

 

HAPPY ANALYTICSの小川卓対談企画。

第9回のお相手は、小川卓主宰の提案型ウェブアナリスト育成講座第6期卒業生で株式会社吉和の森代表取締役の森和吉氏。全3回でお届けします。

※本対談は2021年5月に行われました。

 

本対談の進行・編集は、HAPPY ANALYTICS広報 兼 エスファクトリーウェブディレクターの井水朋子が務めます。

株式会社吉和の森 代表取締役 森 和吉(もり かずよし)

青森県八戸市出身。郵便局職員の窓口業務ののち、週刊誌、ウェブメディア、アプリ、モバイルサイト等数多くのメディア運営に携わった後、デジタルマーケティングを活用した集客を手広く行う。2019年株式会社吉和の森を設立。2020年3月提案型ウェブアナリスト育成講座第6期卒業。上級ウェブ解析士。チーフSNSマネージャー。

全3回の2回目となる今回は、森氏が受講した提案型ウェブアナリスト育成講座について。受講で役立ったポイントや、受講後お仕事の獲得につながったポイントなどを伺いました。



チームのワークで打ち解けた講座

井水朋子小川さんの本を読んでいたということでしたが、他のセミナーも受けていたんですか?

森和吉1年くらい前から翔泳社主催のGoogleアナリティクス実践講座の基本操作編分析&改善編を受けて、そのままの勢いで提案型ウェブアナリスト育成講座を受けたという感じなんですよ。

小川卓1回目はどうでした?

森和吉りがめちゃくちゃできる人にみえて、緊張しましたね

小川卓みんなそう言うんだよね(笑)

森和吉小川さんがメールで「最初はそう見えたとしてもだんだん慣れてきますよ」と伝えてくださっていたんですけど、本当にその通りだなと思いました。第1回にチームのワークがあって、すぐ打ち解けることができて楽しめましたね。

井水朋子チームのワークというとコンセプトダイアグラムですよね。どうでした?

森和吉ひとり会社でコンセプトダイアグラムをやることはないなと思っていたんですよ。でも提案型ウェブアナリスト育成講座の中で実践でできたっていうのは大きかったですね。他のチームのコンセプトダイアグラムをみて楽しいな~!!と思って、本当に講座に通うのが楽しみだったんですよ。

井水朋子なかなか楽しんでいたんですね。

森和吉講座の4日目のセグメントで、もう心が折れる瞬間というのがあるんだなと。

 

小川卓みんなセグメントで心が折れるよね(笑)

森和吉正直、一番勉強になったのもセグメントでした。セグメントで宿題が出るんですけど、どうしようも解けなくて、講座の動画を見られるので何回か見直して、それでなんとか提出して。

小川卓(笑)

森和吉5点満点中1.5点だったんですよ。小川さんのおまけで0.5点ついて、なんとか1.5点という。これはまずいな、どうしようかなと。一番勉強になったのは勉強になりましたけど、一番心が折れかけたところですね。

小川卓大丈夫、みんな、そこは結構苦労しているからね。

井水朋子森さんが講座のレビューをブログでも「さっぱり」と書いていましたよね。

yoshikazunomori.com

 

森和吉いや~本当にですね、今まで自分はGoogleアナリティクスのダッシュボードしか見ていなかったんだなと。ページビューと売上を見ていて、でも深いところを全然見ていなかったんだなと。

小川卓自分で使わないとなかなか頭に入らないよね。

森和吉そういえば私のブログを見て興味を持ってくれた人が2人いたんですよ。それまでMBAを勉強していて時間ができたので提案型ウェブアナリスト育成講座を受けたいんですけどどうですか?とか前からやろうと思っていたんですけどどうですか?とか。実際応募したかはわからないですけどね。

井水朋子すごいですね!

 

講座での収穫

 

森和吉コンセプトダイアグラムは楽しくて、一番の山が4回目のセグメントできて、その次の回でGoogleアナリティクスのタグマネージャーや設計を学べたのもプラスでした。タグマネージャーってなかなか本が出ていなくて勉強できたのはよかったですね

井水朋子たしかにそうですね。

森和吉第6回以降も毎回課題を出していくんですけど、他の講座と決定的に違うなと思ったのが、最後のレポート発表という大きなゴールのためにしているところでした。

小川卓仮説を出したり数字を出したり。

森和吉途中の課題をしながら、これは中間地点なんだなと気づけて楽しく学べましたね。

井水朋子目的がわかるといいですよね。

森和吉何より普段交流することのない会社さんの発表を見られたのは大きな学びでしたね。

小川卓会社それぞれ、人それぞれで特徴が違うからね。

森和吉そういう意味ではとても面白かったです。

井水朋子レポートの発表はどうでした?

森和吉私は9週目だったんですけど、緊張しましたね。他の方で40ページ以上作ってきた方もいて、どうしようと。中には「もう一回」という方もいるし、あとはコロナ禍ということで第9回の発表者の顔は見えるけど、他の人はオンラインで顔が見えないで緊張したというのもありますね。

小川卓でも森さんは一発で合格しましたよね。

森和吉それは事前にレビューしてもらって、指摘いただいた部分を直したからというのもありますね。とても丁寧にレビューしていただけてありがたかったです。しかもすぐ返ってきたんですよ。

 

レポートの書き方

 

井水朋子レポートの書き方はどうでした?

森和吉それまでGoogleアナリティクスのレポートを出す時はキャプチャーをそのまま貼り付けていたんですけど、小川さんから必要な数字だけ抜き出して自分で表やグラフを作ったほうがいいよとアドバイスいただけて、それは今でも実践していますね。

小川卓情報を絞れるんですよね。

森和吉あとは、忙しい方でも見られるように最初の一枚目にサマリーを持ってきた方がいいなど、見せ方で勉強になったことは大きかったですね。

小川卓森さんは9回目で合格が決まっていたから、10回目は気が楽だったのでは?

森和吉そうですね(笑)

井水朋子合格の割合はどんな感じでした?

森和吉私のチームは言ってみれば一勝二敗みたいな感じで、でもそのあと再提出して合格したので全員合格したようです。

小川卓全体では半数が再提出で、最終的に全員合格しました。この間、最後のひとりに卒業証書とピンバッジを直接渡しに行ってきましたよ。

森和吉レポート作成は大変でしたけど、周りのみなさんももっと大変な想いをしていたんだなと。

小川卓どうしても通常業務の重みが人によって違いますからね。

森和吉それはありますよ。

 

レポートの活用

 

井水朋子森さんがレポートで分析したサイトは?

森和吉お客さんのサイトを分析しました。

小川卓そうそう、不動産のサイトでね。

井水朋子通常業務の延長のような感じでできたんですね。

森和吉提案型ウェブアナリスト育成講座で作った分析レポートで提案をしながら営業して、他の案件にそのレポートを見せて分析の営業をしています。

小川卓すごい。

井水朋子フル活用ですね(笑)

森和吉提案型ウェブアナリスト育成講座で作った分析レポートと、SNSマネージャー上級で作った運用企画書の二つはもうそれで今のお仕事をいただいている感じですね。

 

一同:(笑)

 

ウェブ解析士とSNSマネージャー

 

井水朋子森さんって、精力的に勉強していません?この間、SNSマネージャー上級のひとつ上のチーフを一緒に受講したんですけど、それがこの間の3月だったんですよ。提案型ウェブアナリスト育成講座を卒業したのも同じ3月ということなので、同時期とはすごいなと。

森和吉小川さんの講座を受けて勉強欲が高まったので、ウェブ解析士のマスターを受けることになりました。

小川卓お、受けるんですね。

森和吉提案型ウェブアナリスト育成講座同期の川谷さんがウェブ解析士マスターだったので、「結構苦労するよー」「提案型ウェブアナリスト育成講座の5倍大変」などなど話を聞いていたんですが、今回5月に受けることになりました。

小川卓私も一般社団法人ウェブ解析士協会の顧問をするにあたり、ウェブ解析士マスターを受けたんですけど、改善提案レポートを2種類、マクロレポートとミクロレポートを作りましたね。マクロレポートは提案型ウェブアナリスト育成講座でやったようなやつで、ミクロレポートはユーザーエクスプローラーのレポートを作るよね。

井水朋子なるほど。

小川卓それとは別にウェブ解析士や上級ウェブ解析士の講座で教えられるようにならないといけないので、「このページの資料を教えてください」や「この用語の説明をしてください」というのは慣れていないと大変ですよね。あとはウェブ解析士協会のお作法があって、その通り覚えないといけないのがつらい。

森和吉私の知り合いの中にはウェブ解析士マスターで頓挫した方もいて、それを聞くと、どうかな~と。

小川卓一回で受かるといいね。私の時は12人が受けて合格したのは2、3割くらいでしたね。再提出もできますが。

井水朋子結構厳しいですよね。

小川卓ウェブ解析士マスターのレポートは、匿名で提出して、それをウェブ解析士マスターが匿名で採点するんですよね。

森和吉一人で会社を作って仕事していると、誰かに何かを指摘してもらうことって減りますよね。

小川卓そういう意味ではいいですね。ウェブ解析士のマスターは4、5名が採点するので、それぞれの考えを持った人が色んな意見を出してくれます。正直、結局どれに合わせればいいんだっていうのはありました。ウェブ解析士お作法にのっとって作ったら、今度は「今後自分の型を持つとよいでしょう」と書かれたりしましたね(笑)

 

一同:(笑)

 

森和吉提案型ウェブアナリスト育成講座は小川さんが一人でレビューしてくださるのがとても勉強になりましたね。事前にレビューを出したら、すぐにフィードバックをくださって、どれだけ丁寧にしてくださったのかと思います。

小川卓結構容赦なく書いちゃいますからね。

森和吉でもムチではないんですよ。どういう風に改善すればいいかという道筋が見えるんですよ。

小川卓わりと優しい感じかもしれないね。怒るタイプでもないので。自分で表を作ってこういう風に見せるといいよと書いたこともありますよ(笑)

 

直近の提案型ウェブアナリスト育成講座6期を卒業した森さんに、講座のリアルな感想を伺いました。お仕事の実務に活かしているのが印象的でしたね。

 

明日公開となる最終回では、森さんと小川さんのアナリストとしての働き方を伺いました。

analytics.hatenadiary.com