秘書 工藤 麻里 × 小川卓 HAPPY ANALYTICS社内対談 (2)秘書としての働き方~経理・会社設立・サイト制作など~

小川卓・工藤麻里の対談

 

 

HAPPY ANALYTICSの小川卓対談企画。

第7回のお相手は、小川卓を裏で支える実力者・工藤麻里氏。全3回でお届けします。※本対談はオンラインで実施しました。

工藤 麻里(くどう まり)
株式会社HAPPY ANALYTICSの秘書 兼 日本ビジネスプレスのシニアアナリスト
2006年株式会社リクルートに新卒で入社。進学ネット(現・スタディサプリ進路)でシステム担当、webR25でメディアプロデュースを担当の後、退社して出産。2015年より小川卓の秘書になり、株式会社HAPPY ANALYTICSの設立前から幅広く活躍。2015年より日本ビジネスプレスグループのアナリスト・グロースハッカーを兼業。 

全3回となる2回目の今回は、小川卓の秘書として、経理・会社設立・サイト制作など幅広い業務をこなす工藤さんの働き方にせまりました。

進行・編集は、HAPPY ANALYTICS広報 兼 エスファクトリーウェブディレクターの井水朋子がつとめます。

 

  • 小川卓さんの秘書業務
  • スタッフ増員

 

 

小川卓さんの秘書業務

小川卓最初はどうでした?覚えてます?

工藤麻里まったくストレスがなくてビックリしました。当時クラウドソーシングが出てきていましたけど、完全にオンラインで仕事が解決できなくて結局対面に、という話もよく聞いていて、そんな中、小川さんとは完全オンラインで全く会わないで進めていけちゃいましたね。3か月くらい経った時に弟子の飯村さんが「みんなで会いましょうよ」と言ってくれたので会いましたけど、それがなかったら、ずっと会わなかったんだろうと思います(笑)

井水朋子お仕事の内容は?

工藤麻里メールの返信、カレンダー入力、請求書の送信から始まりました。言われたらなんでもするという感じで、依頼を楽しんでいました。その頃、温泉ソムリエとファイナンシャルプランナーの資格を持っていたので、小川さんの旅行先の温泉の候補を出して泉質を調べたりするのも楽しかったです。 自分が育児中で身動きが取れなくて夜間授乳で生活が不規則な中、何時にやってもいいのは助かりましたね。全くストレスなくてありがたかったですね(笑)

井水朋子それでだんだんお仕事が増えていったんですね。

小川卓最初はメールやスケジュールしか頼んでなかったんですけど、まぁ大丈夫かなーと思って、メールも銀行口座もFacebookも・・全部任せちゃいましたね。株式会社HAPPY ANALYTICSが出来たのが2017年1月なんですけど、登記も全部工藤さんがしましたね。私は基本ノータッチで、最後の届け出だけ行ったのかな。

続きを読む

秘書 工藤 麻里 × 小川卓 HAPPY ANALYTICS社内対談 (1)小川卓との出会いから再び一緒に働くまで

小川卓・工藤麻里の対談

 

 

HAPPY ANALYTICSの小川卓対談企画。

第7回のお相手は、小川卓を裏で支える実力者・工藤麻里氏。全3回でお届けします。※本対談はオンラインで実施しました。

工藤 麻里(くどう まり)
株式会社HAPPY ANALYTICSの秘書 兼 日本ビジネスプレスのシニアアナリスト
2006年株式会社リクルートに新卒で入社。進学ネット(現・スタディサプリ進路)でシステム担当、webR25でメディアプロデュースを担当の後、退社して出産。2015年より小川卓の秘書になり、株式会社HAPPY ANALYTICSの設立前から幅広く活躍。2015年より日本ビジネスプレスグループのアナリスト・グロースハッカーを兼業。 

全3回となる1回目の今回は、小川卓と前職で出会ってから再び一緒に働くまでをたずねました。普段は見られないHAPPY ANALYTICSの裏側をお楽しみください。

進行・編集は、HAPPY ANALYTICS広報 兼 エスファクトリーウェブディレクターの井水朋子がつとめます。

  

  • リクルート入社と小川卓との出会い
  • 記事メディアのプロデュースへ
  • 小川卓さんと再び働くきっかけ

 

リクルート入社と小川卓との出会い

井水朋子工藤さんのキャリアスタートは?

 

工藤麻里2006年新卒でリクルートに入社してキャリアが始まりました。Federation of IT という部署(システム部のようなところ)で、Webサイトのディレクションを担当する部署に配属されて、「進学ネット(現・スタディサプリ 進路)」のログシステム担当しました。

井水朋子当時何人くらいの規模でした?

工藤麻里進学事業部だけで営業を含めて東京だけで200人名以上いましたね。Webの部署は企画部門・システム部門それぞれ10人くらいでしょうか。当時のリクルート新卒入社は180人でしたね。

小川卓2006年頃はまだ紙が主流でWebの人材って少なくて、そろそろWebにっていう感じで、そのあと2010年くらいにネットに動いていきましたね。

工藤麻里ちょうどネット採用が始まって、積極的にIT人材をとっていこうってなりましたね。

井水朋子そこで小川さんが入ってきた感じですね。

工藤麻里小川さんは同じ2006年に中途で入られました。人材系、ライフ系などの事業の中のひとつに私がいて、小川さんは逆に横ぐしを刺すような感じで、全社にログ計測ツールを普及する活動をしていました。

小川卓もともと私は前職のウェブマネーという会社にいて、そこでVisionalist(ビジョナリスト)っていうアクセス解析ツールを使っていて、リクルートに来た時に面接で「ビジョナリスト使っているんですか?弊社も使っています。」みたいな感じで。完全にツール採用ですね。

続きを読む

2021年2月に掲載された記事

f:id:ryuka01:20200704132758p:plain




 

こんにちは。ハピアナ広報担当の井水朋子です。

先月、小川が執筆した記事や、小川が登場した記事をまとめて紹介いたします。

 

~ラインナップ~

  1. 2021年2月22日発売「ユーザー起点マーケティング実践ガイド ~CDPによって顧客とつながるストーリー~」を監修させていただきました
  2. 「提案型ウェブアナリスト育成講座」第7期生募集開始です!
  3. アクセス解析のコンサルってどんな感じで行っているの?

(※順不同) それではお楽しみください!

 

続きを読む

アクセス解析のデータ計測設計ってどんな感じで行っているの?

前回の記事はこちら

analytics.hatenadiary.com

弊社が提供しているサービスは多岐に渡りますが、最近増えているのがアクセス解析ツールの設定周りです。

 

弊社ではどのように進めているのか?「お問い合わせいただく~見積もりを出す」部分までは前回の記事と一緒なので、その先の進め方について紹介をしていきます。

 

 

1)勉強会の実施

Google アナリティクス(やAdobe Analytics)でどのようなデータが取得できるのか?そもそも知らないケースもありますので、その場合は勉強会を実施します。Google アナリティクスであれば、イベント・カスタムディメンション・(拡張)eコマースなどについて説明を行います。

 

f:id:ryuka01:20210301094907p:plain

 

f:id:ryuka01:20210301094941p:plain

 実装方法というよりは、どういう時に使えて、計測する意味は?などを中心にお話いたします。

2)ブレストや検討を行う

説明を行った上で、具体的にどのようなデータを取得したいのかを一緒に考えます。弊社からご提案することもあれば、先方から要望をいただいて、その内容に関して「そもそも計測可能なのか」「計測することの意味」をディスカッションします。

 

f:id:ryuka01:20210301095611p:plain

 

ブレストして結果を整理するのに2週間くらいかかります。

 

3)計測設計書の作成

要望を整理した上で、弊社の方で計測設計書を作成します。こちらは取得する変数をまとめたもので、

  • どのようなデータを取得したいのか
  • どのページで取得するのか
  • どのように取得するのか
  • そのための設定や実装方法

これらをまとめた内容となっております。

 

実装方法の説明

f:id:ryuka01:20210301095737p:plain

 

カスタムディメンション設定

f:id:ryuka01:20210301095939p:plain

 

主要ページでの取得内容

f:id:ryuka01:20210301100108p:plain

こちらも作成に数週間ほどいただいております。

 

4)実装や設定

弊社の場合は以下のような役割分担で行っております

【弊社の実施内容】

・Google Tag Managerの管理画面の設定

・Google アナリティクスの管理画面の設定

・データ計測の確認

【先方での実施内容】

・Google Tag ManagerやdataLayer等の実装

 

弊社は基本的には実装は触らず、エンジニアや制作会社にお願いして、こういったタグやデータを追加してくださいという形での依頼になります。先方のソースを直接いじることは他にも影響を与えてしまう可能性も大きく、かつ弊社側でそこまでサポートする技術やリソースが無いのが理由です。

 

やりとり自体はBackLog・Slack等を使いながら計測できているかいないか、追加や修正してほしい内容などをやりとりしています。実装スピードにもよりますが、項目数が多かったり、開発環境へのアクセス権限をもらったりなどを考えると1ヶ月は見ておきたいところです。

 

5)本番リリース&確認

開発環境で計測ができていればほぼ問題ないことが多いですが、リリース当日や翌日を中心に各項目が取得できているかをGA画面やデバッガー等再度確認を行います。

 

無事に計測できていれば、先方のご要望に応じて今回の要件で見たかったデータの取得方法をGA画面のスクリーンショットを活用して勉強会を行うこともあります。

 

 

最後に

ここ数年で特に設計・設定周りの案件が増えてきました。適切なデータをしっかり取って活用しよう!という事だと思いますので、非常に良いことかなと考えております。しかしなかなか自社だけで解決することは難しいので、ご依頼をいただいているのかなと。

 

このあたりパッケージ化できればよいのですが、サイトの種別だけではなく、その時に事業のステージやKPIによっても変わってくるので、なかなかまとめることは難しいですね。

 

他の弊社の案件種別に関しても書く機会あれば、紹介していく予定です!