「海外ウェブマーケティングニュース解説」> 第16号の配信

f:id:ryuka01:20200511093427p:plain

メルマガを月2回配信中。

この記事では10月6日に配信されるメールマガジンのちょい出しとなります!

 

www.mag2.com

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com

 

というわけで中身をちょいだし!

==================
■目次

1:【ヘッドラインニュース スペシャル】
気になった海外のウェブマーケテイング関連をがっつり紹介します!

2:【2週間日記】
弊社HAPPY ANALYTICSの私の2週間の動きを紹介

3:【Q&Aコーナー】
皆さんから頂いたご質問にお答えします!

4:セミナーや記事等のお知らせ
==================


【最初に】
いつもは「PickUp」ニュースを紹介している本メルマガですが、今回は「ヘッドラインニュース スペシャル」として、様々なニュースにいつもより多めにコメントを入れていく形式です!

興味深い記事やニュースが沢山あり、いつもよりしっかりコメントしたいものが多かったので今号はこちらの方法で紹介。PickUpニュースが無くなるわけではなく、
2つを上手く使い分けながら配信していきますね。

 

また、今回から「2週間日記」という新コーナーが登場。ここ2週間何をしていたかをダイジェストでお届けします。他にも「こんなコーナー用意して欲しい!」などもあればぜひご連絡くださいませ。

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
■【ヘッドラインニュース スペシャル】
気になった海外のウェブマーケテイング関連を
一言(で最近は収まっていませんが)コメントと共に紹介します!
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

 

【YouTube】
Better conversion measurement for video ads on YouTube and our network

blog.google

YouTubeで動画を視聴した後に、それが本当に成果に繋がるのか?
多くの広告主や動画配信者が気にしているポイントです。そこでYouTubeは年内をめどに新たな指標「Engaged-View Coversion(EVC)」を提供するとの事。

 

詳細はまだ出ていませんが、記事内では

 

スキップ可能な広告を10秒以上閲覧した人がリンクをクリックしなかった場合に、設定した日数以内にサイトでコンバージョンした数を測定します。EVCは、広告のインプレッションを閲覧した人がクリックしなかった後に発生するコンバージョンを測定する業界標準のビュースルーコンバージョン(VTC)より精度が高い。

 

とあります。

10秒以上としたのは、約60%以上が10秒以内にスキップするため、10秒以上見ている=ある程度エンゲージしているという判断からの様です。

この指標が実装されれば今まで以上に動画広告の測定をしやすくなりそうですね。

 


【Facebook】
Facebook's Testing New Email Marketing Tools: Here's What We Know So Far

blog.hubspot.com


Facebookといえばソーシャルメディアの代表格ですが、どうやらメール領域にも進出を考えているようです。2020年6月以降、一部の中小企業向けアカウントで、メール配信のテスト機能が公開されています。全展開されるかはまだわからないテスト段階ですが、このような特徴があるようです。

 

・GDPRガイドラインの順守。無許可でメールを送ることは出来ない

・Facebookページに「いいね!」してくれたユーザー等に勝手にメールを送るような機能ではない。あくまで許可をもらったメールのリストをインポートして配信するという形になる
※つまり自社サイト等でメールマガジン登録を促す必要がある

 

つまりFacebookならではという機能はほぼ存在せず(プライバシーガイドライン上出来ない)、あくまでもメール作成&配信機能を(無償で)用意してくれるという機能に現時点ではなっているようです。

 

既にメール配信を自社で行っている企業には不要の内容ですね。だからこそ(それが用意しにくい)中小企業のアカウントでテストが行われているのかもしれません。

 

(以下略)

==================

 

本メルマガは月2回配信しており、海外のウェブマーケティングに関するニュースを取り上げています。上記内容以外にも、ニュースヘッドライン(数行解説)やQAコーナーなども用意されています。

 

月額550円/月(税込み)で、初月は無料です。今月登録いただくと、今月の過去配信メルマガ(上記内容含む)も読むことができます!

 

www.mag2.com 

情報収集のお供によろしければぜひぜひ。

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com

 

2020年9月に掲載された記事

f:id:ryuka01:20200704132758p:plain

こんにちは。ハピアナ広報担当の井水朋子です。

先月、小川卓が執筆した記事や、小川卓が登場した記事をまとめて紹介いたします。

~ラインナップ~

  1. タグマネージャーの使いこなし、「計測確認」に困っている人が過半数【ウェブ解析士協会調べ】
  2. 直帰率がなくなるというツイートがプチバズ
  3. アミジャット 田島佑哉 × HAPPY ANALYTICS 小川卓 対談 全3回
  4. Youtube『Googleアナリティクス徹底取材』
  5. ツールだけを学んではいけない サイト改善に取り組みたいデザイナーのはじめの一歩を、分析のプロが語る
  6. Google アナリティクスの初心者はこの機能を覚えよう! スペシャリストが選んだ重要な機能はたったの22%だった
  7. Google アナリティクスのスペシャリストに聞いた!イチオシ&イマイチ機能はどれですか?
  8. 初心者が知っておきたい、Google アナリティクスの機能は? スペシャリスト4名に聞いた「使える機能」
  9. 企業ブログの価値を、どう計る?アクセス解析の専門家 小川卓とコンサルタント 村山佑介が「ブログ運用担当者が見るべき数字」を語る
  10. 別ドメイン?サブディレクトリ?企業ブログをGoogleアナリティクスで分析するのに知っておかなければならないこと

(※順不同) それではお楽しみください!

続きを読む

「海外ウェブマーケティングニュース解説」> 第15号の配信

f:id:ryuka01:20200511093427p:plain

メルマガを月2回配信中。

この記事では9月15日に配信されるメールマガジンのちょい出しとなります!

 

www.mag2.com

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com

 

というわけで中身をちょいだし!

 

==================

-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+
■【PickUPニュース】
「直帰率」という指標がGoogle アナリティクスから無くなる?
-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+

(前略)

「Googleアナリティクス」というアクセス解析ツールをご存知の方、利用されている方も多いのではないでしょうか。Google アナリティクスは次期バージョンの「App+web版」がベータ版として去年より提供開始されています。

 

新しい機能等の追加はこちらのバージョンで行われ、ここ数年で新しいバージョンに移っていくことが確実視されています。私も自社サイト等へ導入して色々試しているのですが、一つ大きな変化が生まれそうです。

 

それが「直帰率」という指標を画面で出さなくなったという事です。

 

というわけで、今回は以下の記事も参考に背景や代わりとなる「エンゲージメント率」について紹介していきます。

 

ken-williams.com



ここ5年くらいのウェブの動きを考えると、「直帰率」は果たして意味を成す指標なのか?という議論や考え方が出てきました。動画やシングルページアプリケーションなど1ページでもコンテンツを楽しめるサイトが増えてきました。

 

こういった状況の中では、直帰率は「興味なくて離脱してしまった訪問」を図るのには不向きです。動画を20分見て帰っても直帰、ページを開いた瞬間に帰っても同じ直帰です。ですがサイトのコンテンツやサービスに関する理解度合いは違うとは思いませんか。

 

画一的に直帰としてカウントする事を良しとしないというのが「直帰率」をレポートで表示することを辞めた理由かなと。BigQueryなどローデータから計算する事は可能ですが、画面で直帰率を見るとか、カスタムレポートで選択することは2020年9月時点では出来ません。


そこで新たにGoogleが用意したのが「エンゲージメント率」です。エンゲージメントとは「接点を持った」という意味合いを持ち、以下3つの条件のいずれかを満たした場合は、エンゲージメントとしてカウントされます。

 

1)ウェブサイトやアプリを10秒以上利用していた
 前景でという条件があるようで、別タブを見ていた あるいは アプリを表示していなかった場合は計測されないかと

 

2)コンバージョンイベントを発生させる
 App+Web版では特定のアクションを「コンバージョンイベント」として設定できます。例えば、ファイルのダウンロード・スクロール等など。これら設定しておいた条件が達成された場合はエンゲージメントとなります。
 

3)2つ以上の画面(アプリ)あるいはページ(ウェブ)を表示
 これは今までの、「直帰していない」の仕様とほぼ一緒です。なお、これらは「訪問単位」で判断されます。

 

そして以下3つの指標をApp+Web版では見ることができます

 

(以下略)

==================

 

本メルマガは月2回配信しており、海外のウェブマーケティングに関するニュースを取り上げています。上記内容以外にも、ニュースヘッドライン(数行解説)やQAコーナーなども用意されています。

 

月額550円/月(税込み)で、初月は無料です。今月登録いただくと、今月の過去配信メルマガ(上記内容含む)も読むことができます!

 

www.mag2.com 

情報収集のお供によろしければぜひぜひ。

 

foomiiでも配信を始めました(値段は同じ)。

foomii.com

 

アミジャット 田島佑哉 × HAPPY ANALYTICS 小川卓 対談(3)広告運用と提案型ウェブアナリスト育成講座について

広告運用者田島佑哉がフリーランスとして受注できるようになるまで

HAPPY ANALYTICSの小川卓対談企画。第ニ回のお相手は、提案型ウェブアナリスト育成講座第3期卒業生で、アミジャットの田島佑哉氏。

3回目のテーマは『広告運用と提案型ウェブアナリスト育成講座について』。広告運用のプロフェッショナル・田島氏からみた、提案型ウェブアナリスト育成講座を聞いてみたいと思います。

 

  • 小川卓との出会い
  • 講座受講後の変化
    • SEO検定と提案型ウェブアナリスト育成講座
    • ウェブ解析士と提案型ウェブアナリスト育成講座


進行役はエスファクトリーウェブディレクター兼HAPPY ANALYTICS 広報の井水朋子が務めます。

田島佑哉(たじまゆうや) 
1981年静岡県生まれ。2009年ゲーム会社、2013年インターネット広告代理店、2015年弁護士事務所、2017年アミジャットとして独立。上級ウェブ解析士、SEO検定1級 。企業のリスティング広告運用およびインハウス支援を行う。2019年提案型ウェブアナリスト育成講座三期修了。

 

小川卓との出会い

井水講座を知ったきっかけについて教えてください

田島小川卓さんを知ったきっかけがこれです。

 


https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797368845/gamerankingin-22/


小川懐かしいですね。

田島私がウェブ解析士の勉強を始めたときに読んでいた本ですね。この本で小川さんのことを知っていたのと、アナリティクスアソシエーションのセミナーに行ったら、ウェブアナリスト育成講座を過去に受けた(2期生の)北さんっていう方がいて、北さんに「どうですか?受けようか悩んでいるんですけど」って聞いたんです。「色んな人の分析の考え方や普段は見られないサイト分析の数字とかが見られるから面白いよ」って。それでじゃぁ受けてみようって思いました。

 

小川費用の点で家族会議になりませんでした?高いとか(笑)

田島妻からは特に反対はされなかったですね。北さんから「宿題はすごいから、ちゃんと時間確保できるか考えて、それができれば受けたほうがいいよ」ということだったので、それからすぐに申し込みました。

小川講座で身につけたかったものって何でした?解析の知識を深めたいとかですか?

田島アクセス解析の実務的なところですね。広告代理店にいた時もリスティング広告の運用がメインでしたし、弁護士事務所にいた時もアクセス解析はしていたけど一つの業種だけ。今はフリーランスでリスティング広告の運用をしていますが、Googleアナリティクスもサポートしているので、今の自分のアクセス解析スキルでは、まだまだ生き残るには弱いなと思ったんです。
参考本を読むのも大切なんですけど、実務的なものを学ぶ場があればいいなと考えていて、ちょうど良いタイミングで「提案型ウェブアナリスト講座」のことを知ったという感じですね。

井水他の案件の数字を見れるというのが大きかったですか?

田島そうですね。他の参加者の方がアクセス解析をどういう風にしているんだろうっていうのを知りたくて。隣でやっている人の仕事ぶりをのぞいてみたかった感じですね。
アクセス解析のセミナーにも参加していましたが、大企業のアクセス解析事例が多くて。そこまで細かなセグメントをかけたら、うちのホームページは1ユーザーしかいないよみたいな感じになることも(笑)

 

講座受講後の変化

続きを読む

アミジャット 田島佑哉 × HAPPY ANALYTICS 小川卓 対談(2)広告運用とアナリティクス

広告運用者田島佑哉がフリーランスとして受注できるようになるまで

HAPPY ANALYTICSの小川卓対談企画。第ニ回のお相手は、提案型ウェブアナリスト育成講座第3期卒業生で、アミジャットの田島佑哉氏。

2回目のテーマは『広告運用とアナリティクス』。広告運用者のGoogle アナリティクス活用法にせまります。

 

  • 田島式のお仕事スタイル
  • リスティング広告とGoogleアナリティクス

リスティング広告のスペシャリストとして活躍する田島氏の仕事ぶりについて迫ります。

進行役はエスファクトリーウェブディレクター兼HAPPY ANALYTICS 広報の井水朋子が務めます。

田島佑哉(たじまゆうや) 
1981年静岡県生まれ。2009年ゲーム会社、2013年インターネット広告代理店、2015年弁護士事務所、2017年アミジャットとして独立。上級ウェブ解析士、SEO検定1級 。企業のリスティング広告運用およびインハウス支援を行う。2019年提案型ウェブアナリスト育成講座三期修了。

田島式のお仕事スタイル


小川仕事は決まった時間にするタイプ?

田島朝の6時には広告の管理画面を開いています。それまでに見るべきものは見て、連絡するべきことは連絡して、お客様が出社する9時までには一通りのことを終わらせています。あとの時間は、リラックスしながらお客様の連絡を受けたり、残りの仕事や読書をする感じですね。

小川一人で働いていると、寂しいとかはない?広告だと個人プレイかな?

田島もともと代理店にいたので、広告運用で悩んだ時に他の運用者と話し合えるっていう環境はよかったです。
フリーランスですと、NDA(秘密保持契約)を結んでいるんで、実際に数字まで見せて相談できなくなっちゃいましたね。結局相談できず自分で考えたり、お客さんと一緒に考える感じですね。

小川そういう相談って難しいよね。私も講座の卒業生が相談することはあるけど、おっしゃる通り数字を出して相談なると、難しいね。

田島それを解決するために、今までは直案件しか受けていなかったんですけど、今後は自分の工数の1/3を代理店の下請け案件にして、その代理店様とコミュニケーションをとれるような仕組みを作ろうとしています。実際、去年の末からその取り組みを動いていたんですけど、コロナの影響でパートナーの広告代理店様自体が大きな打撃を受けてしまったので、今はペンディングしています。

小川広告は、リアルタイムで動くのが大事なことだったりします?

田島お客様からチャットなどで相談がきたら、最低限「〇〇までに確認します」といった即レスはします。ただ、良いお客様とお付き合いさせていただいているので「今日中にバナーを100本入れてください」みたいな無茶な依頼はないですね。

井水お客さんからこういう風にしてと依頼がくるのか、田島さんからこうしましょうと提案するのでいえば、どちらが多いですか?

田島私から提案することが多いですね。考えられるメリット・デメリットを伝えて、とはいえやってみないとわからないこともあるので、まずはやってみましょうと進めています。

小川ある程度任せてくれる感じですか?

田島そうですね、ウェブ広告の運用方針については私に任せていただいています。もちろん、お客様もセミナーやブログで新しい情報を仕入れているので「これを試したい」と相談されることもあります。そうゆう時って「新しい施策をやることが目的」になりがちなんですけど、それをこの案件でやるべきかどうか一緒に考えるのも私の仕事の一部ですね。


リスティング広告とGoogleアナリティクス

 

続きを読む