読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Googleアナリティクスの「セッション」を正確に理解する

解析指標 基本

Google アナリティクスで利用されている「セッション」という用語。「サイトに流入してから離脱するまでの一連の流れを1つのセッションと呼ぶ」、「30分以内でページを遷移しつづければ同じセッションとしたカウントする」といった理解をしている方もいるかと思います。

 

本記事では改めて正確にGoogleアナリティクスの「セッション」を理解するための記事となります。今回のセッションの定義は最新のGoogle アナリティクスの記述「Universal Analytics」を利用している場合の定義になります。過去の計測記述などにおけるルールに関しては本記事の最後で簡単に触れています。

 

 

セッションとは

基本的にはサイト内に流入してから離脱するまでの一連の流れをセッションといいます。何回ユニークなセッションがあったかを数える単位は「セッション数」です。

 

 

gyazo.com

「サイト内に流入してから離脱するまでの一連の流れ」はどう識別されているのでしょうか。それは以下の通りになります。

 

 

・Cookieを許可し、Google アナリティクスのCookieを不許可にしていない同一PC同一ブラウザを使ってサイトにアクセスしていること(デフォルトではこの設定です)

 

・同じUA-ID(Google アナリティクスで発行される計測記述に記載されている、計測先を識別する識別子)が含まれているサイトをアクセスしていること

※以下、本記事における「サイト」の定義は同UA-IDを含んでいる箇所とします

 

・上記2つの条件を満たし、Google アナリティクスに30分以内に何かしらの計測データが送られている場合は同セッションとして計測されます。代表的な計測データ送付は「ページヘのアクセス」あるいは「イベントの発生」です。イベントの発生はファイルダウンロード・動画再生・外部リンククリック・読了などのアクションをGoogle アナリティクスで計測するように設定している場合が考えられます。

 

補足:「セッション」と「閲覧開始数」は別物で、セッションはページへのアクセスあるいはイベントのいずれかによって定義されますが、閲覧開始数はページへのアクセスによってしか定義されません。

support.google.com

 

セッションが切れる条件

上記を実現している同じUA-ID内の行動は同じセッションとして定義されますが、以下のケースのいずれかが発生した場合は、新しいセッションとしてカウントされます。

 

A)利用者が訪問中にGoogle アナリティクスのCookieを削除などを行った場合

 

B)その日が終わり、日付が変わるタイミング

 

C)以下のトラフィックを示すデータのどれかが変わった時

utm_source、utm_medium、utm_term、utm_content、utm_id、utm_campaign、gclid

 

utm_source、utm_medium、utm_term、utm_content、utm_campaign:広告関連のパラメータ

support.google.com


gclid:Adwords で生成されるID

support.google.com


utm_id:任意のIDをURLパラメータに付与

support.google.com

 

 

D)参照元が変わった場合

参照元

参照元とはトラフィックの流入元、たとえば検索エンジン(google など)やドメイン(example.com)を指します。メディアとは、参照元の一般的な分類、たとえばオーガニック検索(organic)、クリック単価による有料検索(cpc)、ウェブサイトからの紹介(referral)などです。

参照元 / メディア - アナリティクス ヘルプ

 

Aという外部URLからサイトに訪問して、離脱した後30分以内にBという外部URLから戻ってきた場合は新しいセッションとして認識されます。

また Aという外部URLからサイトに訪問して、離脱した後に30分位内に同じAという外部URLから戻ってきても、再度サイトに流入したということで別セッションとして認識されます。

 

 

例外として

1)同じUA-IDで複数ドメイン計測を行っておりクロスドメイン設定を行っている場合

2)参照元除外を行っている参照元が流入元の場合

 はセッションが切れず同セッションとして定義します。

support.google.com

 

support.google.com

 

 

セッション時間の変更

Universal Analyticsでは「30分以内」という同一セッションとして見る時間を変更することが可能です。デフォルトは30分ですがですが1分~4時間の間で変更が可能です。

 

support.google.com

 

 

過去の定義に関して

旧バージョンの計測記述を利用している場合

Universal Analyticsではなく旧バージョンの計測記述を利用している場合、上記条件の「D)参照元が変わった場合」という内容は当てはまりません。それ以外に関しては上記とおなじになります。

 

2011年8月11日以前に関して

旧計測記述を利用していてなおかつ2011年8月11日以前のデータに関しては以下の条件が関係してきます

1)2011年8月11日以前のデータはブラウザを閉じた時にセッションが切れます

2)2011年8月11日以前のデータは「D)参照元が変わった場合」及び「C)以下のトラフィックを示すデータのどれかが変わった時」という内容は当てはまりません。

 

 

参考URL

アナリティクス 日本版 公式ブログ: Google アナリティクスのセッションの定義変更について

 

ユニバーサル アナリティクスの使用ガイドライン - アナリティクス ヘルプ

 

アナリティクスでの訪問数の算出方法 - アナリティクス ヘルプ