読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Google Analytics Premium 短期連載(3):筆者が考えるPremiumとその周辺に関連する6の疑問への回答

ツール

Google Analytics Premiumに関する短期連載になります。全3回を予定しており今回が最終回となります。


※2012/04/22時点の、Google Analytics Premiumに関する公式ヘルプやドキュメントなどの情報を元に作成しています。

4月17日公開 Google Analytics Premium 短期連載(1):「Google Analytics」そして「SiteCatalyst」との仕様や機能比較

4月23日公開 Google Analytics Premium 短期連載(2):独自レポート「アトリビューションレポート」の機能を紹介

4月27日公開 Google Analytics Premium 短期連載(3):筆者が考えるPremiumとその周辺に関連する7の疑問への回答

最初に

今回はGoogle Analytics Premium及びその周辺に関してわいている疑問 及び 今後想定されるであろう質問に関して、筆者が独断と偏見で回答してみたいと思います。私の想像の世界での回答なので、違っていたらごめんなさい。


1.Google Analytics Premiumはどういう人が使うべきなのか?

第1回でも簡単に触れましたが、大きくわけて2つの導入パターンがあるかと思います。

1)既存のGoogle Analyticsを使っていてPremiumにバージョンアップする
2)別の有料アクセス解析ツールから乗り換える あるいは 最初の有料アクセス解析ツールとして選定する


他にもいきなり入れるというパターンも無くはないのですが、計測記述が通常版とPremium版で同じのため、まずは無料で入れてから、切り替えるというのが現実的かと思います。


それぞれのパターンを見てましょう。Google Analyticsからのバージョンアップは実装の手間も無く、ユーザーインターフェースにも慣れているので、負荷が非常に少ないのです。しかし、このようにバージョンアップする人は「現在のPVや変数の制限が物足りない」及び「どうしても独自のアトリビューション機能を使いたい」という条件でしか現在は行われないかと思います。


この2つの内容に月間約100万円(米国価格を換算。日本価格は未定)を出す企業がどれくらいいるのかという事になります。Premium独自の機能が今後増えてくれば、移行する魅力というのは更に上がるので、よりこの動きが起きやすくなるのではないでしょうか。


別の有料アクセス解析ツールから移行していくるパターンに関しては、理由が主に2つ考えられます。一つ目はコスト面です。Google Analytics Premiumの値段は一見高そうに見えますが、ハイエンドなアクセス解析ツールと比較するとそれほど高額であるとは思いません。もちろん10万PVあるいは100万PVであれば、他の有料アクセス解析ツールの方が安いでしょう。


1年半前の記事ですが、有料アクセス解析ツール14種を料金比較してみたという記事を書いています。記事を一読いただけるとわかりますが、数百万PVくらいであれば、月間数十万円で済みます。


これが、月間1,000万PV以上クラスのサイトになってくると、PVに依存しないGoogle Analytics Premiumは魅力的です。従ってコストの観点からリプレイス あるいは 最初の有料アクセス解析ツールとして選定するという事は考えれます。


しかし、リプレイスという観点で考えると、今まで出してきたレポートやワークフロー(問い合わせ・障害対応・教育)などの大幅な改修がかかり、サイト数や規模によっては半年〜数年かかったり、数千万円〜数億円のコストがかかる可能性が高いです。というのも、いきなりある日から計測停止して次の日からGoogle Analytics Premiumに切り替えるというのは、データの整合性や連続性から考えても現実的ではないからです。二つのツールの数値ズレ等を確認して修正していくのに数ヶ月は必要です。


このように非常に膨大な手間をかけてまでリプレイスするか、というところはサイトの規模や切り替えコストにもよるのではないでしょうか。しかし、個人的には難易度が高いと考えています。


2.どういう形でいつ日本で販売されるのか?

正式なリリース時期は未定ですが、日本でも展開される事は間違いなく、それほど遠くない将来だと考えています。値段などは未定ですが、米国・カナダ・英国で料金体系や金額感が大きく変わっていないことを見ると、日本でも同じような料金(100万円/月程度)になるのではないでしょうか。購入はGoogle社から直接(購入したい人がコンタクトする、あるいは他の製品の営業担当が販売) あるいは 認定代理店がいらっしゃいますので、そこ経由の販売になるのではないでしょうか。実装や問い合わせサポートもそれぞれで提供される可能性が高いのではと踏んでいます。


3.有料アクセス解析ツールのシェアは変わっていくのか?

多少は変化していくかと思います。Google Analytics Premiumと似たような機能や料金体系のベンダーさんは辛いかと思います。しかし、Google Analyticsの利用難易度はここ数年で更に上がっているので、目的が明確で、使いやすいシンプルなアクセス解析ツールは(少額にはなってしまうかと思いますが)シェアを伸ばすチャンスではないでしょうか。


規模が大きいサイトが利用しているSiteCatalystやCoreMetricsはGoogle Analytics Premiumが目指している方向性と違うと感じているので、短期的には大きな移動は無いのではないでしょうか。しかし、今後の機能追加やバージョンアップの内容によっては、一気に大手のツールを喰う可能性は充分にあります。


特に次の項目で書いた「こういう機能があったら嬉しい」のいくつかが実現すると、それを機に移行する会社が出るのではないでしょうか。


4.今後どういう機能が追加されていく あるいは 追加されたら嬉しい機能は

個人的な期待としては、ログデータのダウンロードですが、導入している企業数やPV数を考えると現実的ではありません。しかし、このログデータの取得という理由で別の有料ツールからGoogle Analytics Premiumに移行しない(できない)会社も入るのではないかと想像しています。


ログデータを除くと、
「細かな権限管理」
Google Analytics Premiumのアカウント内にGoogle Analyticsが実装され、利用状況が分析できる」
「(一時期過去に行なっていた)業界別の指標の基準値の復活(+精度アップ)」
複数プロファイルのユーザーかぶり率集計(同じCookieを利用している場合)」
「Third Party Cookie 対応(無いとは思いますが)
「需要予測システム(過去の数値を元に今後の流入やコンバージョンを予測)」
Google社の他のツールとのデータ連携・分析・施策の実施」
「データ取り込み機能(マスターファイルのインポート)」
「ユーザー単位のアドバンスセグメント」
「時系列を考慮したアドバンスセグメント(例:コンバージョンを達成した後の閲覧行動のみ抽出)」
ソーシャルメディアのより詳細な分析機能(感情分析・形態素解析・アカウント比較など)

などがあると嬉しいです。

5.Google Analyticsは今後バージョンアップがあまり行われない?

基本的にはそんな事はないと思っています。Google Analytics Premiumが既に米国などで発売されているにもかかわらず、数多くの機能拡張が行われています。特にココ1〜2年のリリース量は目を見張るものがあり、これからもバージョンアップが期待できるでしょう。


では、Premium独自の機能は、現在出ている「アトリビューション機能」のみで今後も出ないのか?というとそうではないと思っています。「アトリビューション」のように処理に時間やパワーがかかる機能はPremium限定となるのではないでしょうか。4.で書いた機能の一部などが該当するでしょう。また、教育・問い合わせ対応・実装サポートをより円滑に進めるための機能や仕組みなどは(Analyticsには必要ないので)結果的にPremium限定になるでしょう。


Premiumで先行リリースした機能をAnalyticsにも反映するという動きもありえると考えています。


6.Google Analytics Premiumにおける懸念は

ツールそのものに関しての懸念は個人的には少ないです。気になる点があるとすれば、サポート・実装・教育といった周辺のサービス部分です。ここはまだ(日本では)未知数の部分も多いです。


個人的に「ツール」の重要性というのはシステムを選ぶ上で50%程度の重要度だと考えています。残りの50%がこれらサポート・実装・教育といった部分になります。つまり、

「問い合わせを送ったら、どれくらいの精度で何日以内に返ってくるのか。どういった質問が代理店・Google Japan・Googleで回答されるのか。それぞれの回答担当者の振り分けルールや体制は?」
「ヘルプの仕組みはどこまで充実してアップデートが定期的に行われるのか」
Google Analyticsではいきなり機能やレポートの追加・変更・削除がアナウンス無しでおこなわれていたが、今後はちゃんと事前のリリース日連絡があるのか」
「教育プログラムのコストやクオリティは?」
「実装はどこまでチェックをしてくれるのか?計測記述を書いてくれたり、テストを助けてくれたりするのか」
「日本からの要望はどのように米国まで伝えられて、改善実現率は何%なのか」

などの部分が、お金を払っている利用者の満足度に繋がってきます。これは日本ではじまってみて、実際に運用がはじまらないと見えてこない部分ですが、逆にこの部分の満足度が非常に高ければ、良い評判というのが一気に広がるのではないでしょうか。



というわけで、6つの質問を自分で用意して自分で回答してみました。皆さんはGoogle Analytics Premiumにどのような期待・不安・意見がありますか?ぜひ、教えてくださいませ。

4月17日公開 Google Analytics Premium 短期連載(1):「Google Analytics」そして「SiteCatalyst」との仕様や機能比較

4月23日公開 Google Analytics Premium 短期連載(2):独自レポート「アトリビューションレポート」の機能を紹介

4月27日公開 Google Analytics Premium 短期連載(3):筆者が考えるPremiumとその周辺に関連する6の疑問への回答